利益を上げ経費を抑える事が大事

海外FXで大きな利益を上げた人の中には「税金が高そうで不安」「税金を少しでも安くしたい」と思う方は多いのではないでしょうか。

海外FXは少額であれば得ですが、稼げば稼ぐほど税金が多く引かれてしましますので、手元に残る金額は割に合わないと思うかもしれません。そのような方に向けて、少しでも節税できる方法をお伝えします。

海外FXで利益を上げ、少しでも手元に残る金額を減らしたくない場合、経費を申告することが大事です。

経費を申告するのとしないのでは税金差引額が全く違います。

以下では海外FXを行う上で経費として計上できるものをご紹介いたします。

海外FXで経費として考えられるもの

実は、以下のようなものも経費として認められることがあります。

しかし、必ず海外FXに関するものでないといけません。

  • 家賃や光熱費
  • インターネット代金
  • パソコンや備品の代金
  • セミナー等の交通費
  • EAやインジケーター等の購入費

引用:海外FXのいろはに比較

以上が海外FXを行う上で経費として計上することができ場合があります。

家賃は、別に事務所を借りている場合全額認められますが、居住の一部屋で海外FXを行っている場合は使用面積に応じた割合になります。

意外と経費として考えられるものが多くありますので申告した方がお得です。

まとめ

家賃や光熱費も認められるのは知らなかったですよね。

また、申告する上で領収書が必要になってきますので捨てずにきちんと保管して提出してください。

経費を申告するだけで大幅な節税ができますので少しでも利益を減らしたくないという方は覚えておきましょう。